サポートブック作成ワークショップ全3回が修了しました

2015年12月08日(Tue) 15時08分に投稿された社会福祉法人ぬくもりのぬくもりブログ

社会福祉法人ぬくもり

社会福祉法人ぬくもり

投稿者はぬくもり事務局

募集時のチラシです♪
募集時のチラシです♪

ワークショップの様子・・・
ワークショップの様子・・・

河内長野市サポートブックはーと
河内長野市サポートブックはーと

今年度の「サポートブックはーと作成ワークショップ(全3回)」が修了しました。

河内長野市が26年度より作成し、障がい児支援の核とするべく導入を進めている、「サポートブックはーと〜私の成長と発達の記録〜」を作成するワークを、3回連続講座として開催しました

=*= サポートブックとは… *=*=*=*=*=
成長していくうえで細やかな配慮などが必要な子ども達が、乳幼児期から成人期までのライフステージで、途切れることなく一貫した支援を受けられることを目的に、保護者と関係者(関係機関)が、子どもの情報を共有するために作成するファイルです。
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=


月1回のワークショップの中で学びながら、はーとの完成を目指してきました。

初回には、

「子どもが就学するのを機に、とりあえずひとりで作成していたので、今のサポートブックは支援する側にとって本当に必要な内容になっているのかが不安で、今回参加しました。」

「サポートブックはまだ数ページしか記入できていませんが…」

と仰っていたお母さん達が、

全3回を修了後には、

「これからサポートブックを書いて、色々なことを、誰が見ても分かるようにしていかないといけない事に気付かされました。」

「支援者側が知りたいことのポイントや、利用計画案にはーとがどのように活用されるのかを知ることが出来たので、これからは書くときに子ども(自分)が伝えたい、理解してもらいたいことをどこにどんな風に書けばいいのか考えながら記入できると思います。」

「子どもの将来を漠然とでしか考えられていなかったのですが、少し具体的にイメージできました。気付いていなかった自分の価値観にも気付くことができて、参加できて良かったと思います。」

「支援利用計画案について、こんなに具体的にお話が聞けたのは初めてで、とてもわかりやすく、はーとの内容と繋がっていることも知り、良かったです。これから先のことも考えながら、子どもと共に成長していけたらいいなと思います。」

と言った、子どもの将来へ具体的なイメージを持って、はーとを書いていける気持ちと知識を得てくださいました


この「はーと作成ワークショップ」は来年度も開催予定です
開催時には、ぬくもりホームページにて告知しますので、ぜひチェックしてくださいね

ぬくもりでは、サポートブックはーとに繋がる活動を「サポートブックはーとどんどん拡がれ活動」と名付け、はーとが広く浸透していくよう促進していきます!

| 2015年12月08日(Tue) 15時08分 | 投稿: ぬくもり事務局 | カテゴリ: はーとどんどん拡がれ活動 | コメント(0) | ▲TOP |

このブログへのコメント

コメントはありません。

お名前・ニックネーム

E-mail(ウェブ上には公開されません)

コメント(必須)

パスワード(必須)


下記セキュリティコード(半角数字)を入力してください

«前月へ  2021年10月  次月へ»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お問い合わせ

社会福祉法人ぬくもり

〒586‐0024
大阪府河内長野市西之山町4‐23アルトリーベ303号
TEL:0721‐26‐8010
FAX:0721‐26‐8008

お問い合わせ


RSS1.0 RSS2.0

このページの先頭へ

お気軽にお問い合わせください!

社会福祉法人ぬくもり 0721-26-8010
特定非営利活動法人ぬくもり 0721-60-0010

文字サイズ